Hot !!New Product

Babyface Proが"FS"を冠したブラッシュアップを纏い登場、RME Babyface Pro FS

2019.11.11


2015年に登場したBabyface Proは、オーディオサーキットとドライバーの開発だけでなく、メカニクスにおいても優れた職人技に対するRMEの絶対的なコミットメントを再び提示しました。 アルミニウムから最高の精度で製造されたハイエンドポータブルインターフェイスのBabyface Proには、新たに設計されたアナログ回路そしてデジタル技術が組み込まれています。 革新的な省エネ技術と共に、ノイズと歪みを抑え、レベルと音源ソースを損なうことなく最高の忠実度を実現しました。

そして新しいBabyface Pro FSでは、さらに多くの改善が実装され登場しました。

・下部にある+19 / +4 dBuスイッチで、出力レベルを下げる直接的な方法を追加し、敏感なアクティブモニターのSNを改善して歪み/オーバーロードを防ぎ、TotalMix FXフェーダーを0 dB近くに維持する際に際立ちます。
・RME ADI-2 Pro FS同様、フルSteadyClock FS回路により、最低のジッターと最高のジッター耐性を実現します。
・3.5 mm TRSヘッドフォン出力は70 mWから90 mWに増加します。 両方のヘッドフォン出力のTHDが最大10 dB改善されました。 Babyface ProにはADI-2 Proと同じオペアンプを使用しています。 3.5 mm TRSの出力インピーダンスが2オームから0.1オームに変更されています。
・マイク入力SN比は112.2 dBから113.7 dBに改善され、TRSライン入力SN比は114 dBから116.3 dB(120 dBA)に改善されました。 THDライン入力が8 dB改善されました。
・新しいADコンバータにより、AD側でのレイテンシが6サンプル少なくなります(ADが5サンプル、DAが7サンプル)。
・上記の改善はすべて、ユニットの消費電力を上げることなく達成されました。
・盗難防止のためのKスロットが搭載されています。


接続性と特徴

ADI-2シリーズのヘッドフォンパワー

TRSとミニジャックソケットの両方の意見を提供する2つのヘッドフォン出力は、低インピーダンスと高インピーダンスのヘッドフォンにマッチする完全に独立したドライバーステージを備えており、使用するヘッドフォンの種類に関係なく、純粋な音響結果を保証します。

3.5 mm TRSヘッドフォン出力は90 mWに上がります。両方のヘッドフォン出力のTHDが最大10 dB改善されました。 Babyface Pro FSにはADI-2 Proと同じ出力オペアンプを使用しています。3.5 mm TRSの出力インピーダンスが2オームから0.1オームに低下しました。

フルレンジキャプチャ-マイクとライン入力の改善

ハウジングにシームレスに統合してスペースを節約するXLRソケットを設計しました。

2つのデジタルコントロールプリアンプは、個別に切り替え可能な48Vファンタム電源を提供します。これらの回路は、76 dBのゲインレンジ、1 dB単位で調整可能、リレー駆動PADを含み、優れたEIN性能とラインのオーバーロード保護を実現し、最低レベルのマイクソースでも十分なゲインを実現します。

Babyface Proの非常に効率的な設計は、外部電源をほとんど必要としません。技術仕様を損なうことなく、USB 3バスパワー、およびほとんどのUSB 2ポートで安定動作します。これにより、モバイルレコーディング環境でもお気に入りのコンデンサーマイクをペアで使用することが可能となっています。

民生機をはじめ様々な機器との接続に、Optical TOSLINK I / Oで対応します。また、SMUXをサポートするADATポートまたは最大192 kHzのセッションのSPDIF I / Oとして使用します。 Babyface Proは、外部ADATコンバーターと組み合わせて、12のアナログ入力と12の出力をフルサポートしているため、ライブおよびスタジオマルチトラックアプリケーションの両方に最適です。 Babyface Proのジャック入力3および4に、ライン、またはハイインピーダンスの楽器を接続できます。追加のハードウェアを必要とせずに、外出先でも高品位なギターレコーディングを実現します。付属のブレークアウトケーブルを介したMIDI I / Oにより、Babyface Pro FSの持つパッケージが完成します。

SteadyClock FSによるプロレベルのパフォーマンスの向上

デジタルオーディオでのクロック周波数はオーディオビットと時間基準の間に相関関係をもたらす重要な要素です。ただし実際には、クロック周波数は常に望みどおりに安定しているとは限りません。 Babyface Pro FSは、ADI-2 Pro FSのように完全なSteadyClock FS回路を提供し、最小のジッターと最高のジッター耐性を実現します。すべてのクロックモードでの優れたパフォーマンスと、ミックスをそのまま聞くための高品質アナログ変換。 RME製品のデジタル形式の変換は、損失や劣化なしで行われ、SteadyClock FSは、ソニックイメージに劣化が発生しないことを保証します。これにより、サウンドステージの奥行きと明瞭さが向上するため、録音とミックスの最適化に役立ちます。

TotalMix FXとTotalMix Remoteによるミキシングとルーティング

すべての最新のRMEインターフェイスと同様に、Babyface Pro FSには強力なデジタルリアルタイムミキサーTotalMix FXも含まれています。入力チャンネルと再生チャンネルをすべての物理出力に完全に独立したルーティングとミキシングが可能です。独立したステレオサブミックスと包括的なコントロールルームセクションは、比類のないモニタリング機能と卓越したルーティングの柔軟性を提供します。

Babyface Pro FSには、RMEのTotalMix FXが付属しており、WindowsおよびMac OS Xで利用でき、iOSでも利用できます。この驚くほど汎用性の高いソフトウェアを使用すると、あらゆるシチュエーションでBabyface Proを活用できます。たとえば、ギターとボーカルをヘッドフォンにミックスすることは、これまでになく簡単になりました。 FPGAベースのDSPミキサーは、すべての入出力に柔軟な3バンドパラメトリックイコライザーを追加し、リバーブとディレイFXも利用できます。

さらに、RMEの最新ソフトウェアであるTotalMix Remoteは、iOS、PC、またはMacを介したリモートコントロールを可能にすることで、Babyface Pro FSのパワーを強化します。簡単なセットアッププロセスで、TotalMix Remoteで制御したいコンピューターのIPアドレスを入力するだけで、ユーザーはタブレットでスタジオを歩き回っている間にホストシステムでTotalMix FXのあらゆる側面をすばやく調整できます。

FPGAベースのDSPミキサーは、すべての入出力に柔軟な3バンドパラメトリックイコライザーを追加し、リバーブとディレイFXも利用できます。 最新世代の低遅延AD / DAコンバーターとRME独自のSteadyClock FSテクノロジーを組み合わせることで、最も要求の厳しい専門家を満足させる優れた結果が実現します。 RME Babyface Proは、巨大な機能セットと卓越した音質および直感的なコントロールを組み合わせて、スタジオでも移動中でも、これまでに構築された中で最も包括的で多用途のコンパクトなオーディオインターフェイスです。

使いやすさと安定動作

RMEデバイスは、音楽をそのまま記録・再生するように設計されています。 オーディオ信号は完全な状態としてインターフェイスを介します。 新しいBabyfaceでは、オーディオ回路が改善され、最高のダイナミックレンジで最高のゲインレベルを実現しています。 ユーザーインターフェイスは機能的かつ明確にレイアウトされています。 Babyface Proのすべての機能と設定モードへのアクセスが直感的で使いやすくレイアウトされています。

RME USB-最小限のレイテンシと業界をリードする安定性で正確にオーディオを伝送

FPGAベースのDSPミキサーは、すべての入出力に柔軟な3バンドパラメトリックイコライザーを追加し、リバーブとディレイFXも利用できます。 最新世代の低遅延AD / DAコンバーターとRME独自のSteadyClock FSテクノロジーを組み合わせることで、最も要求の厳しい専門家を満足させる優れた結果が実現します。 RME Babyface Proは、巨大な機能セットと卓越した音質および直感的なコントロールを組み合わせて、スタジオでも移動中でも、これまでに構築された中で最も包括的で多用途のコンパクトなオーディオインターフェイスです。

RME Babyface Pro FSの仕様

アナログ AD、マイク/ライン1-2

入力:XLR、バランス
入力インピーダンスバランス:2 kOhm、5.2 kOhm with PAD
アンバランス入力インピーダンス:1 kOhm、2.6 kOhm with PAD
SN比:113,7 dB RMS unweighted 117 dBA
周波数特性@ 44.1 kHz、-0.1 dB:18 Hz – 20.8 kHz
周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:7 Hz – 45.8 kHz
192 kHz周波数特性、-1 dB:5 Hz – 88 kHz
PADがアクティブの場合:-0.1 dB 8 Hz、-0.5 dB <4 Hz、-1 dB <3 Hz
THD:<-112 dB、<0.00024%
THD + N:<-108 dB、<0.00035%
THD @ 30 dBゲイン:<-115 dB、<0.00016%
THD + N @ 30 dBゲイン:<-100 dB、<0.001%
チャンネルセパレーション:> 110 dB
ゲインレンジ:-11 dB〜+65 dB
最大入力レベルXLR、ゲイン0 dB:+8 dBu、PAD +19 dBu
最大入力レベルXLR、ゲイン65 dB:-57 dBu、PAD -46 dBu

AD、ライン/楽器3〜4

入力:6.3 mm TSジャック、アンバランス
入力インピーダンス:1 MOhm
SN比:116 dB RMS重み付けなし、120 dBA
周波数特性@ 44.1 kHz、-0.1 dB:5 Hz – 20.8 kHz
周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:<3 Hz – 45.8 kHz
192 kHzでの周波数特性、-1 dB:<2 Hz – 92 kHz
最大入力レベル@ + 4 dBu、ゲイン0 dB:+13 dBu
最大入力レベル@ -10 dBV、ゲイン9 dB:-5 dBu

DA、ラインアウト1-2

ダイナミックレンジ(DR):115 dB RMS unweighted、118 dBA
周波数特性@ 44.1 kHz、-0.5 dB:0 Hz – 20.8 kHz
周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:0 Hz – 45 kHz
192 kHzでの周波数特性、-1 dB:0 Hz-89 kHz
THD:-106 dB、0.0005%
THD + N:-102 dB、0.0008%
チャンネルセパレーション:> 110 dB
出力:XLRバランス
出力インピーダンス:300Ωバランス、150Ωアンバランス
出力レベル@ 0 dBFS:バランス+19 / +4 dBu、アンバランス+13 / +7 dBu
DC @ 0 dBFS:6.35mm 4.8 V、3.5mm 2.4 V、XLRバランス。 9.6 V

DA、ヘッドフォン3/4

出力:6.3 mm TRSジャック、アンバランス
出力インピーダンス:10オーム
0 dBFS、1 kOhm負荷での出力レベル:+13 dBu
最大出力@ 0.1%THD:60 mW
SN比:114.8 dB RMS unweighted、118 dBA
ノイズレベル:-101.8 dBu
出力:3.5 mm TRSジャック、アンバランス
出力インピーダンス:0.1オーム
0 dBFS、1 kOhm負荷での出力レベル:+7 dBu
最大出力@ 0.1%THD:90 mW
SN比:114 dB RMS unweighted、117 dBA
ノイズレベル:-107 dBu

MIDI

2 x 5ピンDINジャック付きブレイクアウトケーブルを介した1 x MIDI I / O
ハイスピードモード:ジッタおよび応答時間1ミリ秒未満

デジタル

クロック:インターナル、ADAT入力、SPDIF入力
外部クロックのジッター抑制:> 50 dB(2.4 kHz)
ADおよびDA変換に対するクロックジッタの影響:ニア・ゼロ
トラブルのないvarispeed ADAT動作のためのデジタルビットクロックPLL
サポートサンプルレート:28 kHz〜200 kHz

デジタル入力 ADATオプティカル

1 x TOSLINK
標準:8チャネル24ビット、最大48 kHz
倍速(S / MUX):4チャネル24ビット96 kHz
クアッドスピード(S / MUX4):2チャネル24ビット192 kHz
ビットクロックPLLにより、可変速度動作でも完全な同期が保証されます
ロック範囲:31.5 kHz – 50 kHz
ジッタ抑制:> 50 dB(2.4 kHz)

SPDIFオプティカル

1 x optical、IEC 60958に準拠
コンシューマーおよびプロフェッショナル形式を受け入れます
ロック範囲:27 kHz – 200 kHz
ジッタ抑制:> 50 dB(2.4 kHz)

デジタル出力 ADATオプティカル

1 x TOSLINK
標準:8チャネル24ビット、最大48 kHz
倍速(S / MUX):4チャネル24ビット96 kHz
クアッドスピード(S / MUX4):2チャネル24ビット192 kHz

SPDIFオプティカル

1 x optical、IEC 60958に準拠
IEC 60958に準拠した形式コンシューマ(SPDIF)
サンプルレート28 kHz〜200 kHz

基本スペック

電源:USBバスパワーまたは外部電源
アイドリング消費電力:2.8ワット
通常電力消費:3.7ワット
最大消費電力:5.4ワット
5 Vバス電力動作時の電流:700 mA(3.7ワット)
12 V外部電源での電流:313 mA(3.7ワット)
寸法(幅x高さx奥行き):108 x 35 x 181 mm(4.25 "x 1.4" x 7.1 ")
重量:680 g(1.5ポンド)
温度範囲:+ 5°〜+ 50°摂氏(41°F〜122°F)
相対湿度:<75%、結露しないこと



最新記事

New Product

Mackie プロフェッショナル向けのインイヤーモニター「MP」シリーズ3機種同時発売!シリーズ対応のBluetoohアダプタもオプションラインナップ!

Mackieからプロ仕様のインイヤーモニターイヤホンが登場!ストリートを始め様々な環境でもワイヤレスで使用できるシリーズ専用のBluetoothオプションも同時発売!

2020.10.05
New Product

鉄板的インターフェイス!PreSonus AudioBox 96シリーズが同社設立25周年を記念した特別なブラックカラーリングをまといリニューアル!

PreSonus設立25周年を記念した大定番オーディオインターフェイスAudioBox 96、バンドルの96 Studio / 96 Studio Ultimateがブラックカラーでリニューアル!

2020.10.21
New Product

SHURE より新しいワイヤレス・マイクロフォン「SLX-D」シリーズ登場!KSM8もワイヤレス対応!

ShureよりB帯で最大10chまで使用可能なワイヤレスシステム、「SLX-D」シリーズが発売!おなじみの58シリーズやラベリアマイクに加えてKSM8もワイヤレスシリーズに!

2020.10.19
New Product

デュアルVCO、4つの波形のミックス、外部シグナルプロセッシング可能なデュオフォニックアナログシンセサイザー 「CAT」

オリジナルの「CAT SRM II」回路を忠実に再現し、デュアルVCOデザインを採用し分厚いサウンドが特徴のデュオフォニックアナログシンセサイザーBehringer CAT発売!!

2020.10.09
New Product

TELEFUNKEN Alchemyシリーズにコスパモデル、TF11が新たにラインナップ!ステレオペアモデルも同時発売

FETコンデンサーマイクのTELEFUNKEN Alchemy!CK12スタイルのカプセルを採用したTF11発売開始!ステレオペアモデルも同時発売

2020.10.05
New Product

現代に蘇ったSONY C37a?!TONELUXのチューブマイクロフォンJC37 当店にて販売開始!!

グラミー受賞エンジニアでもあるジョー・チッカレリも開発に携わった真空管マイク、TONELUX JC37の販売を開始!!SONY C37のオリジナルトランスを採用しながらも現代のプロダクションに適合する性能を実現したユニークな逸品!

2020.10.03