New Product

『FL STUDIO 20』待望の新バージョン、Mac環境へ対応!

2018.05.25

Image-Line Software社のDAWソフトウェアの新バージョン、『FL STUDIO 20』がリリース!(*FL STUDIOは誕生して20周年。そのためバージョン名もFL STUDIO「20」 となりました)
多くの新機能を追加し、より統合型音楽制作ソフトに進化。今バージョンアップの目玉は何と言っても待望のMac OS(64ビットネイティブ)への対応。MacのVST/AUプラグインとしても動作します。さらに制作したプロジェクトはWindows環境とMac環境の間で完全互換。

FL STUDIO ならではの、すべてのエディションに「ライフタイムフリーアップグレード」が付属しますので、今後の新バージョンへは無償でアップグレードできるのも魅力です!(下位エデ ィションからのアップグレードは有償となります)

今バージョンでも他社DAW製品ユーザー向けのクロスグレード版もSignatureエディションに用意されていますので、お得に FL STUDIO 20 を導入可能です。
待望のMac OS対応により、今後さらに広く認知されるであろう『FL STUDIO 20』をぜひご検討ください!

※当コンテンツは、上位グレード『FL STUDIO 20 Signature』の内容です。各グレード機能の比較はメーカーホームページにてご確認ください。




主な新機能

●Mac環境への対応

待望の Mac環境(macOS 10.11 以降)に対応。ネイティブの64ビットアプリケーションとして、VSTはもちろん、AUプラグインもサポートします。制作したプロジェクトは Windows と Mac 間で互換性を持ち、この相互運用性は両プラットフォームにインストールされている使用可能なサードパーティ製プラグインにも及びます。
*Mac環境では使用できない、もしくは対応準備中のプラグインがいくつかあります。

●タイムシグネチャー(拍子記号)

プレイリストとパターンの両方で無制限の拍子記号を設定可能です。FL Studio のユニークなパターンシステムにより、プレイリスト中に異なる拍子記号を混在させることも可能です。

●In-situ レンダリング(フリーズ)

選択したオーディオやパターンクリップをオーディオにバウンスします。共有のためにオーディオテイクを1つのオーディオクリップにまとめステムを作成したり、エフェクトやバーチャルインストゥルメントをオーディオにレンダリングすることでCPU負荷の軽減も期待できます。

●プレイリストの「アレンジ」機能

プレイリスト中に複数の「アレンジ」を持たせることができるようになりました。複数のバージョンを差し替えることにより、納得いくまでアレンジのアイデアを練ることができます。

●プラグインの遅延補正(PDC)

複雑なセッションをサポートするために、PDCを完全に再構築。マニュアルでもオートでも、様々なオーディオバスにおいて補正が適用されます。

(日本語字幕をオンにしてご覧下さい)



主な特長

ミキサー

エフェクトチェーン、オーディオセンド、サイドチェーンコントロール、高度なオートメーション、プラグインの遅延補正など、現代の複雑なプロダクションに不可欠の機能によって、プロ水準のミキシングとマスタリングを実現。

ピアノロール

様々あるDAWの中でも、FL Studio のピアノロールは高く評価されています。ピアノロールは、ノートとオートメーションデータをプラグイン・インストゥルメントに送信するために使用されます。複雑なシーケンスの編集や操作をサポートする幅広いツールが含まれます。

ブラウザとプレイリスト

柔軟なプレイリストも FL Studio の魅力の一つです。楽曲を仕上げるためのプロジェクトの組み立てを行います。トラックにはノート、オーディオ、オートメーションを配置することができます。任意のデータを任意の場所に置き、それらをオーバーレイすることも可能です。ブラウザではプロジェクト内の全データを管理します。

80種以上のプラグインが付属 (Producer Edition)

FL Studio 20 Producer Edition には、80種以上のインストゥルメントとエフェクトプラグインが付属します。幅広いスタイルの楽曲制作が可能です。





最新記事

NEW!!
New Product

サウンドの宇宙を探検!画期的なビートメイクツール XLN Audio "XO"

Addictive Drumsシリーズに代表される軽快動作と高品質を兼ね備えたアプリケーションを輩出するスウェーデンXLN Audioから、ビートメイクインストゥルメンツ・ソフトウェアの新製品"XO"がリリース! 8,000種以上のサンプル、100種以上のプリセットを標準搭載し、柔軟かつ軽快なシーケンサーとサンプラーセクションでシンプルなワークフローを実現します。

2019.04.09
New Product

MIDIデバイスの拡張も可能!USB & Bluetooth対応コントローラ SL Mixface発売!

Studiologicより、DAWコントローラに加えて汎用USB MIDIデバイスの拡張にも対応する、USB & Bluetooth接続MIDI コントローラSL Mixface発売!

2019.03.26
New Product

ギター・アンプ/エフェクト・プロセッサー『BIAS FX 2.0』にアップデート!

他のBIASシリーズで作成した多彩なアンプ/エフェクト・モデルを統合可能なプラットフォーム、世界中のプレイヤーにより数千ものトーンにアクセスできるToneCloud、実機のアンプの持つサウンドをリアルに再現するモデリング・テクノロジーなど、一歩先を行くBIAS FXに多くの新機能を搭載し、オンリーワンなギター・プロセッサーへと進化しました!

2019.03.21
Hot !!New Product

TC HELICON GO series 第2弾『GO VOCAL / GO GUITAR』

TC HELICON から、先日発表されたブロードキャストシステム「GO XLR」に続くGO series 第2弾はスマホで使えるポータブルなギター用インターフェイスとマイクプリアンプが登場! iOS、Mac、PCデバイスに直接高品質のオーディオを録音可能です。TC Heliconモバイルアプリとシームレスに連携。インスピレーションを受けた瞬間に録音が可能です。

2019.03.15
New Product

Royer Labs『dBooster』インライン・シグナルブースター

Royer Labsから、リボンマイクやダイナミックマイクの為のインライン・ブースター『dBooster』が発売。12dBと20dBの2つのゲイン設定があり、様々なボイスや楽器に適したゲインをダイヤルインすることが可能です。クラスAインプットステージは超低ノイズ、超低歪みによるクリーンなブーストを実現します。

2019.03.14
New Product

Slate Digital『Virtual Recording System』

Slate Digitalの提唱する新しいデジタルレコーディングスタイル『Virtual Recording System』が誕生。ML-1, ML-2マイクロフォン、VMS-ONE プリアンプ、VRS8 インターフェイス、さらには用途に合わせたバンドルセットをラインナップし、いずれもプラグイン ライセンスを付属。画期的なレコーディングスタイルをすぐにシステムに導入が可能です。

2019.03.04