New Product

PreSonus史上最速のオーディオ/MIDIインターフェース "Quantum"

2018.02.11

PreSonus オーディオ/MIDIインターフェースのフラッグシップ、Quantumシリーズに待望のモバイル最適モデル"Quantum 2"が発売!

さらに、Studio One 3 Professionalへアップグレードできるお得なバンドルも限定販売!!



ネイティブを極める超低レーテンシー

ネイティブを極めるスピードを追求し、あえてDSP/ハードウェア・モニタリングを搭載せず、ダイレクトにDAWへコネクトするアーキテクチャをベースに開発。ハイスピードThunderbolt2と最適化したドライバー・ソフトウェアをデザイン。192kHz/64サンプルのバッファー・サイズで、ラウンドトリップ・レーテンシー1ms以下を記録。PreSonus史上最速を誇る超低レーテンシーのQuantumシリーズが誕生しました。

スピードだけでなく、フラッグシップに相応しい最新鋭24Bit/192kHzコンバーター、120dBのダイナミックレンジ、低ジッター・クロック、デジタル制御のリコーラブルXMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプ、豊富な拡張性とソフトウェア/アプリでのコントロール・オプションをも搭載しています。


必要に合わせてI/Oを拡張 ― 最大4基をデイジー・チェーンして大規模システムにも対応

マイク/ライン/インストゥルメント入力、コンボ・マイク/ライン入力を搭載し、それぞれにリコーラブルなデジタル制御XMAXプリアンプと+48Vファンタム電源を装備。また、¼インチTRS出力、専用ボリューム・コントロールを装備した独立ヘッドフォン出力、BNC I/O、MIDI I/Oも搭載しています。さらに、ADATオプティカルI/OとS/PDIFステレオ・デジタルI/Oにより、最大18のデジタル入出力を使用可能。

I/Oチャンネルがさらに必要なら、QuantumシリーズをThunderbolt経由で最大4基までデイジー・チェーンすることができ大規模システムへの拡張も可能です。


オーディオ愛好家も魅了するサウンドクオリティ

DAコンバーターには120dBを誇るAK4413EQ、ADにはAKMのハイエンド・プレミアム・コンバーターAK5574ENを贅沢にも採用。また、デジタル制御のリコーラブルXMAXクラスAマイクロフォン・プリアンプは、複雑な倍音成分をスムーズかつ自然にキャプチャし、録音に含まれるあらゆる息づかい、トランジェント、ディテールを高いレベルで記録します。

そして、RMSジッター70ピコセカンド以下のクロックにより上質の24Bit 192kHzレコーディング/リスニング体験が実現します。


クリエイティブな制作環境にも最適。DCカップリングにも対応

あらゆるレコーディング/プロダクション環境にも適合します。

全てのアナログ出力はDCカップリング対応のため、モジュラー・シンセ等の外部アナログ機材にCVも供給可能。また、ミュート/ディムとモノ・コントロール搭載で、内蔵トークバック・マイクはあらゆるミックスにルーティングでき、2基の独立ヘッドフォン・アンプから指定のミックスをモニター可能です。

拡張性、操作性、ハイスピード、秀逸のサウンドに柔軟な接続が加わり、メイン・スタジオの中核として機能するスペックを有しています。


Studio One との統合性

次世代オーディオ・エンジン搭載で高い評価を受けているStudio Oneとタイトに統合し、バージョン3.5で実装されたネイティブ低レーテンシー・モニタリングを最大限活用可能。さらに、プリアンプ・コントロールをレコーディング環境に統合でき、iPadからStudio One Remoteアプリでコントロールも可能です。

Quantumシリーズには、Studio One Artistがバンドルされていますので、ソフトウェアとの統合性を体感することができます(バンドルのStudio One Artistは、フルスペックのProfessionalより機能制限がございます)


ソフトウェア/アプリでハードウェア制御

PreSonusは、ハードウェアのリモート・コントロールを可能とする各種ソフトウェア/アプリを用意しています。

Quantumシリーズの各種機能は、Mac、Windows、iPad、AndroidならばUC Surfaceでコントロールが可能で、オーディオ・ストリームをビジュアル・フィードバックできるStudio One譲りのリアルタイム・アナライザーまでも実装されています。


Studio Magicプラグイン・スイートを無償提供

Quantumシリーズの登録ユーザーに、Plugin Alliance、Lexicon、Eventide、Arturiaと連携した「Studio Magicプラグイン・スイート」を無償提供!

7種類のプラグインが含まれており、Plugin AllianceからはSPL Attacker、Mäag Audio EQ2、Brainworx bx_opto、LexiconからはMPX-i Reverb、EventideからはH910、2016 Stereo Room、そしてArturiaからはAnalog Lab Liteが提供されます。






2モデルをラインアップ

最大26入力32出力で1U仕様のQuantum、最大22入力24出力でモバイルに最適なQuantum 2をラインアップしています。



“Quantum 2発売記念 Studio One 3 Professional アップグレード版 バンドル・キャンペーン”

Quantumシリーズのコンパクト・バージョンのQuantum2の発売を記念し、
50台限定で Quantum と Quantum2 をご購入のお客様に付属の Studio One 3 Artist を Studio One 3 Professional へアップグレード(¥32,800相当)できるコードをバンドルしたスペシャルパッケージを限定販売!!

・対象製品:PreSonus社 Quantum、Quantum2
・キェンペーン実施台数:両製品合計50台限定
・ご提供方法:製品内にアップグレード用のシリアル番号が同梱されます(製品パッケージは含まれません)

最新記事

NEW!!
Hot !!New Product

第3世代へと進化 『Apollo X』

現在考えうる最高のエリートクラスA/D D/Aコンバーター、先代モデルから50%パワーアップしたHEXA 6 コアDSPプロセッシング、そしてサラウンドモニタリング機能とあらゆるプロフェッショナルな環境での使用に対応するThunderbolt 3 接続のオーディオインターフェイス。

2018.09.07
NEW!!
Hot !!New Product

過去最大のアップデート!業界をリードする総合音源シリーズ『KOMPLETE 12』

定番のクリエイティブツールを、全て1つのコレクションにパッケージした業界をリードする総合音源『KOMPLETE 』シリーズが過去最大のアップデート! MASSIVE Xをはじめとする新しいシンセ、サンプル・インストゥルメント、エフェクト、そして今回初めてExpansionsサウンドパックが収録された「COLLECTOR’S EDITION」を新たに追加!!

2018.09.03
New Product

Lindell Audio 人気のモジュール3機種が”Vintage Edition”としてアップデート。

リーズナブルな価格でハイエンド機種と肩を並べる性能を備え、コストパフォーマンスに秀でたAPI500規格モジュールとして高く評価された6X-500、7X-500及びPEX-500が、1731ヴィンテージ・オペアンプを搭載して”Vintage Edition”の名を冠する「6X-500VIN」「7X-500VIN」及び「PEX-500VIN」としてアップデートを遂げました。

2018.08.03
New Product

TELEFUNKEN Elektrokustik ドラムマイクセット4機種が登場。

TEC Award受賞歴を誇る3種類のマイクロフォン「M80-SH」「M81-SH」「M82」に加え、スモールダイアフラムFETコンデンサー・マイクロフォン「M60 FET」をセットにした、ドラムレコーディオングやステージパフォーマンスに最適なマイクロフォン・パッケージが登場! ※セット内容は各種異なります。

2018.08.03
New Product

進化した軽量コンパクトなスピーカー内蔵ステージ・ピアノ『Numa Compact 2x』

クラス最軽量&コンパクトサイズを誇る88鍵盤ステージ・ピアノに、新しいサウンドエンジンを搭載した上位モデルが登場! 従来の高品位サウンドエンジン「大容量1GBサンプルメモリ」に加え、9本のドローバーを新装備し、「Numa Organ譲りのトーンホイール・オルガン・モデリング」「Sledgeのサウンドシンセシス」の計3つのサウンドエンジンを搭載。

2018.07.31
New Product

GT3 Extrem-resolution In-Ear Monitors

ADVANCEDから新製品、高解像度インイヤーモニターGT3が発売。ステンレス筐体に独自設計のマルチダンピングダイナミックドライバー1基搭載、メタルボディならではのクリアなサウンドに加え、更に3種の着脱式チューニングフィルターで低・中・高音域のレスポンスの変化を楽しむ事ができます。

2018.07.27